【書評】投資信託の運用許可書!「はじめての投資信託」

Pocket
LINEで送る

最近は個人が資産運用を行うことの大切さが徐々に浸透していきていますね。
資産運用の必要性が説かれるに伴い「投資信託」の利便性が今改めて、見直されています。

投資信託に関する本も今徐々に増えつつあります。
今後とも投資信託について書かれた本は増加の一途を辿るでしょう。

そんな投資信託のノウハウ本の中で初心者向けの別称「投資信託の運用許可書」とも言える本。
それがこの本「はじめての投資信託」なのです。

 

投資信託の教科書「はじめての投資信託」

さて、今回する一冊はこれ!

 
 はじめての投資信託」です。
第1刷発行日は2015年3月31日です。
監修はモーニングスター株式会社代表取締役の朝倉智也さんです。

朝倉智也さんは投資信託の業界では知らない人はいないと言われるほど有名な人です。
モーニングスター株式会社が提供しているサービス「モーニングスター」ではさまざまな投資信託をレーティングしています。
このサイトは非常に優れたサイトで、投資信託を用いて資産運用を行おうと考えている人は必ず利用することになるでしょう。

さて、「はじめての投資信託」を読んでの感想ですが、投資信託について初めて知るとのことでしたら、買っておいて損はありません。
しかし、2年前の本なので、最新の情報と比べると少し古いかぁなという部分はあります。

投資信託についての基礎知識等は網羅されており、非常に優れているのですが、もう一冊補足用の本が欲しいと思いました。
この本一冊で資産運用が行えるかと言われれば不十分です。

「はじめての投資信託」のタイトル通り、本当に投資信託初心者向けの本だと思います。
もう投資信託で資産運用していたり、投資信託についてある程度の知識がある人にとってはあまり必要がない本かもしれませんね。

しかしながら、投資信託初心者にとってはとても読みやすく「投資信託とはなんぞや」について網羅されているのでオススメです。

 

投資初心者必見!「個人型確定拠出年金(iDeCo)」&「つみたてNISA」は資産形成に有効な制度!

さて、この本の書評を読んでいるということはこれから資産運用を始めようという方の可能性が高いでしょう。
そんな方の為に私からアドバイスさせていただきます。

もう知っている人もいるかもしれませんが「個人型確定拠出年金(iDeCo)」と「つみたてNISA」の利用はあなたの資産形成に有効です。
こちらについて、私が以前金融メディアに執筆させていただいた記事がありますので、よかったら見てくださいね。(おい!宣伝かよ!って突っ込まないでくださいね。笑)

記事にもありますが、これからの時代は自分の年金は自分で作る時代なのです。
いわば第私的年金時代ですね!(笑)

国が「個人型確定拠出年金(iDeCo)」と「つみたてNISA」のような個人の資産形成に適した制度を整備したわけにはこのような意図があると言われています。
というか確定的です。

この書評を読んで資産運用を始められるのはとてもいいことだと思います。
様々な本を手に取り、自分なりの考えをまとめて、納得した上で資産運用を始めてみてくださいね。

 

「はじめての投資信託」はこんな人にオススメ!

さて恒例のこの本はこんな人このコーナーです。
いきますよ!!

  • 投資信託について初めて知るという人(初めの一冊には最適)
  • 投資信託についてもっと知識を深めたい人
  • 読みやすい投資信託の本を探している人
  • これから資産運用を始めようという人

以上です。

しかし、この本だけでは投資信託についてカバーしきれていないことも多々あることを心得ておいてください。
この本を読めば、安心して資産運用ができるという考えは誤りです。
せめてもう一冊は投資信託についての本を読むことを推奨します。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す