【書評】『個人型確定拠出年金iDeCoで選ぶべきこの7本!』:なぜ資産運用をする必要があるのか?

Pocket
LINEで送る

あなたは資産運用の必要性をちゃんと理解していますか?

資産運用をするなら、その必要性を理解することは鉄則です。
この本は資産運用の必要性を事細かく説明してくれています

資産運用をする前に一度原点に戻りましょう。

なぜ今の時代、資産運用が必要なのか?
これを理解しなければ、正しい投資の選択はできないのです。

 

資産運用の必要性が最もよくわかる本!

さて今回紹介するのはこちら!

個人型確定拠出年金iDeCoで選ぶべきこの7本!50歳でも30歳でも3000万円作れる35の法則」です。
著者はセゾン投信株式会社の代表取締役で有名な中野晴啓さんです。
第1刷発行日は2017年5月1日。

さて、改めてあなたに質問です。
なぜ今、資産運用が必要なのか知っていますか?

株や投資信託のことなど金融商品についてはよく理解している方も多いでしょう。
しかし、根本的な資産運用の必要性については理解してる人は少ないように思います。

お金を増やしたから!というのも立派な理由ですが、それはみんな思っていることです。

資産運用において大事なことはまず資産運用の必要性を知ることです。
資産運用の必要性を理解しないで投資を行うのはギャンブルをしているのと同じです。
将来上がるか下がるかのわからない金融商品にただひたすらお金を掛けているだけのことになります。

資産運用には確かにギャンブル性こそありますが、本質は全く異なったものです。

今一度原点に帰りましょう。
なぜ資産運用が大事なのかしっかり理解するのです。
そうすれば、投資をギャンブルのように考えることもなくなります。

資産運用の必要性。
これを理解するのにこの本以上に適した本を私は知りません

 

資産運用に適した金融商品がわかる!

この本のいいところは資産運用の必要性が理解できることだけではありません。
どのような商品が資産運用に適しているのかを知ることができます

基本的に資産運用には投資信託やETFが適していると考えられていますが、投資信託といえども中身は様々です。
なんせ投資信託は現在5000種類以上あるのです。
中には資産運用に適さないものもあります。

資産運用に適した投資信託を探すのは実は至難の技なのです。

この本では、どのような投資信託が資産運用に適しているのか具体的な銘柄を挙げて示してくれています。
私は何冊もの投資信託関連の本を読んでいるのでわかるのですが、ピックアップされた銘柄は非常に的確で資産運用としての理にかなっています

どのような投資信託に投資すればいいか迷っている人にもオススメです。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者にもオススメ!

さてこの本を読まれる方の中には、これから個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入して私的年金を作っていこうという方もいると思います。
そんな方にもオススメの本です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)にこれから加入される方の多くが迷ってるのは「口座をどの証券会社で開設すればいいのか?」ではないでしょうか。
個人的には楽天証券かSBI証券の二択(SBIは銘柄が多すぎるので楽天の方がオススメですが・・・)だと思っていますが、そのような方にも参考材料としてオススメの一冊です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)はいいですよね。
所得控除に運用益が非課税、受け取る際も様々な税制優遇を受けることができます。

ぜひ、この本を読んで、あなたの私的年金作りに役立ててください

 

この本はこんな人にオススメ!

さて毎度お馴染みこの本はこんな人にオススメのコーナーです!

  • 資産運用の必要性を知らない人、または知りたい人
  • 資産運用に適した投資信託の銘柄が知りたい人
  • これから個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入を考えている人!
  • セゾン投信が大好きな人!(私です!今度セミナーいきます!)

以上です!
さぁ良き投資ライフを!

 

ちなみに私の本は中野さんのサイン付きです!!(自慢です。笑)

セゾン投信10周年記念セミナーに行った時に中野さんにサインをもらいました!
ちなみにセミナーの感想をこちらのブログで書いています。
気になった方は覗いてくださいね。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す