「LIFE SHIFT」が5分で読める?「週刊東洋経済2017年7月22日号」

Pocket
LINEで送る

2016年突如登場したライフスタイルの革命本「LIFE SHIFT
ビジネスマンなら必読の一冊であろう。

しかし、「LIFE SHIFT」を読んだ誰しもがこう思ったのではないだろうか?
「もっと簡単に読めないのか?」
「LIFE SHIFT」は苦労してでも読む価値のある本だが、読み切るには少々労力が必要だろう。

そんなニーズに応えた救世主が現れた。
それは週刊東洋経済。

「LIFE SHIFT」をあっという間に理解できる冊子
週刊東洋経済2017年7月22日号」を紹介する。

 

分厚い「LIFE SHIFT」を読む必要なし?

今回紹介するのはこちら!

週刊 東洋経済 2017年 7/22号 [雑誌]

価格:690円
(2017/7/17 01:46時点)

週刊東洋経済2017年7月22日号」です。

今回の週刊東洋経済の特筆すべき点は「LIFE SHIFT」について集中特集を行なっているからです。
「週刊東洋経済2017年7月22日号」では「LIFE SHIFT実践編」と謳い、「LIFE SHIFT」の概要説明、そして実際に「LIFE SHIFT」を続行している人を取り上げ紹介しています。

本冊子を読めばライフシフトがどのような概念なのかをおおよそ理解することができます。
また実際にライフシフトを実行している人の話は非常に参考になりました。

日本にライフシフトを根付かせる身近なツールが求められていた

日本は今後世界に先駆け超高齢化社会へと突入します。
本来ライフシフトは日本から浸透すべき概念なのです。
超高齢社会になったとき社会保障は縮小され、結果70,80歳まで仕事を行う時代が到来します。
今の20.30代はそのようなマインド身につけなくてはいけません。

これは現実です。

この新時代に適した働き方を提供する本が「LIFE SHIFT」です。
しかし、「LIFE SHIFT」はまだ一部の意識の高い人達だけの読みものになっています。

これは非情な現実です。

日本国民は「LIFE SHIFT」の必要性に気付かなくてはなりません。
しかし、それはまだ困難な道でしょう。

本冊子「週刊東洋経済2017年7月22日号」はライフシフトを日本人に根付かせる為の一石を投じることができたのではないでしょうか。

 

私も絶賛ライフシフト中

私も実際にライフシフト中です。

今私はフリーでやっています。
これは自分の可能性を確かめたいというのが主な要因でもありますが、独立した時期を先に味わおうという思いもあります。

70,80歳まで働く世の中になったとき20歳そこらで新入社員として入社して、一回も倒産や転職を経験しないで働き続けることができるでしょうか。
恐らく、そのような人はほとんどいないでしょう。
誰しも独立したフリーの時期を味わうことになるのです。

そのような時を乗り越えなくてはいけないのです。
その力を養う意味でも私は今フリーで生きています。

そのうちに就職することもあるでしょうが、今の耐えの時期は決して無駄にならないと信じています。

 

この冊子は本な人にオススメ!

  • 「LIFE SHIFT」を簡単に理解したい人
  • 将来に漠然とした不安を抱えている人
  • ライフシフトを実行している人の話を聞きたい人

以上です。
「週刊東洋経済2017年7月22日号」を読みライフシフトを知りましょう。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す