【書評】『男女脳戦略。』なるほど脳の違いが原因かっ!

Pocket
LINEで送る

男女の脳は本当に違うのか?

恋人となかなか意見が噛み合わないのは、脳に違いがあるからかもしれません。
男女の脳の違いに注目し、新しいビジネスのアプローチを提案する一冊。

男性脳と女性脳の違いを知って有利に交渉しましょう。

 

新感覚のビズネス書『男女脳戦略。』

さて今回紹介するのはこの本、メンタイコDanGoさんの『男女脳戦略。』

 

じゃなくて、メンタリストDaiGoさんの『男女脳戦略。』です!

第1刷出版日は2014年10月14日です。
 
本のコンセプトは「男性脳と女性脳の習性を理解して生活やビジネスに活かそう」というものです。
ちなみに、この場合の男性脳は男性の脳のことではなく、脳の特性の話です。
つまり、男性の中には女性脳の人もいるということです。

この本を読んでみる前、自分が女性脳だったらギャップがあって面白いなぁ〜と期待したのですが、本中の男女脳チェックを行うと、男性脳でした。(笑)
そりゃ片付けもできないし、洗濯も得意じゃないし、料理も・・・(泣ける・・・)
ってこれは男性的な特徴であって脳の特徴の話ではありませんね。

 

 男性脳と女性脳の違いを理解することは夫婦喧嘩防止になるかも

本によると、男性脳は優位に立ちたがり、女性脳は共感をしようとするらしいです。

ところで、皆さんは夢の中では主人公ですか?
男性脳の場合は出来事を客観視する夢を見る傾向があり、女性脳は自分が主人公になっている夢を見る傾向があるらしいですよ。
確かに、私は自分が主人公になっている夢はあまり見ないですねぇ・・・
夢の中で正義のヒーローになって大活躍してみたいものです。

さて、この本の目指すところは、「男性脳と女性脳の習性を理解して生活やビジネスに活かそう」ということです。
これをもっと具体的に説明をすると、「男性脳の方が女性脳の人を相手にするときは、女性脳に合わせたアプローチをすれば、コミュニケーションやビジネスがより効果的になる」ということです。
女性脳の方の場合はその逆になります。

考え方が合わないなら相手に合わせるということも大事。
この本は、意見が食い違った時の意思の疎通をより円滑にするのに役に立つのではないでしょうか
代表例は夫婦喧嘩ですね。(笑)

 

本を読んだら「理想主義な」私の意見が、「現実主義な」母親に理解してもらえた!

さて、私がこの本を読んでいてドキっ!と思った箇所があります。
それは文中の

男性脳は夢を追い求める特性がある為、現実的でない大きな目標ばかり立てがちになります。(引用:『男女脳戦略。』)

という部分です。

男は大望を持ってなんぼだと私は思っていますが、これを男性脳の特性だと言われてしまってはどうにも反論できませんね。(笑)

私はよく母親と自分の将来についての話をするのですが、理想主義の自分とは意見が噛み合わないことが多々ありました。
母親はよく「もし、こうなったらどうするの?とか、こうなったら心配じゃないの?」と私に反論とは言えぬ反論を繰り返すのです。(母親のことは嫌いじゃないですよ。笑)
その度に私は、「こういう根拠があるからだよ」と説明するのですが、なかなか理解をしてくれそうにはありませんでした。

しかし、これも脳の違いからと思えば多少は納得します。
女性脳の場合は現実的感覚が強く、みんなの視点で物事を選択する傾向にあるらしいのです。
逆に男性脳は非現実的で自分視点な考え方をする傾向にあるそうです。

これから言えることは、恐らく私も母親も両方正しい考え方をしているのです。
しかし、脳の考え方が違うのでなかなか噛み合わなかったと考えれば納得します。

そこで先ほども述べた「男性脳の方は女性脳の人を相手にするときに女性脳に合わせたアプローチをするのが良い」というヒントをもとに母親への説得方法を少し変えてみました。

今までは「これになりたい。こうすれば絶対に成功する。このやり方は間違っていない!」と自分視点で意見をぶつけていました。
しかし、本を読んでからは「私の友達や〇〇さんもこの方法で成功してるよ。彼の場合はこんな計画でこういうことをして成功したんだよ。〇〇さんも君(私のこと)の考え方は間違ってないと言ってくれてるよ。」と現実的目線+みんなの視点を加えたアプローチに変えてみたのです

するとどうでしょうか、母親から「そういう方法もあるのかもね。」と理解を示す意見が返ってきたのです。
つまり、相手に理解してもらうには相手に合わせたアプローチが大事だとこの時初めて学んだのです。

 

 この本はこんな人にオススメ

さて恒例のこの本はこんな人にのコーナーです。

  • 相手の意見が理解できないことがある、またはちゃんと説明しているのになかなか理解してもらえないという人!
  • モテたい人
  • ビジネスを違う視点から考えて成果を上げてみたい人
  • DaiGoさんのファンの方

以上です。
『男女脳戦略。』はビジネスを有利に進めるための1つの指標に過ぎませんが、参考にはなるでしょう。
『男女脳戦略。』が何らかの形で生かされればいいですね。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す