【書評】『この10本です。』:優秀な投資信託の見分け方がわかる本!

Pocket
LINEで送る

投資信託ってありすぎですよね。
日本には約6000本以上の投資信託あります。
しかしながら、本当に良い優秀な投資信託はほんの一握りなのです。

あなたを投資信託の闇から解放してくれる本。
日本を代表するファンドアナリスト篠田尚子さんによる、投資信託革命。

 

挑戦的なタイトルにはそれだけの理由がある

今回紹介する本はこちら。

著者は、ファンドアナリスト篠田尚子さん。
第1刷発行日2017年4月21日。
 
この本のタイトルすごく挑戦的だと思いませんか?
お金が増える投資信託を10本に絞って紹介しているのです。

相当な自信がなければこのように言い切ることはできません。
タイトルから篠田尚子さんの熱意が感じられますね。

 

実際、内容はかなり良い!

さて内容ですが、正直かなり良かったです。
投資信託にはびこる闇を一掃し、その上でお金を増やすことのできる投資信託の条件を提出し、実際に10本の投資信託を紹介します。

本書ではアクティブファンドを勧めているのですが、その理由も納得の一言です。
日本株に投資を行うインデックス型に隠れた闇には驚きを隠せませんでした。
おすすめの運用方法や投資信託の購入後どうすればいいのかについても解説しています。

またファンドアナリストという中立的な立場を利用して書かれているところも好印象でした。

 

篠田尚子さんのファンドアナリストという肩書きに注目

この本の著書、篠田尚子さんは日本での数少ないファンドアナリストの一人です。
ファンドアナリストとは約6000本の投資信託すべての分析と評価を仕事とする人です。
いわば、投資信託のスペシャリストです。

また、篠田尚子さんは海外でファンドアナリストとして働いていた経験もあるので、海外の投資信託についても幅広い知識を持っています。
そんな、篠田尚子さんだからこそ書くことのできた本だと言えるのではないでしょうか。

 

この本はこんな人におすすめ

さぁ、恒例のこの本はこんな人におすすめのコーナーです。
どうぞ!

  • お金が増える投資信託を知りたい人
  • 投資信託の真実を知りたい人
  • 人生100年時代に適用するために 投資リテラシーをつけたい人

以上です。
投資は常に元本割れのリスが伴いますが、本書で紹介されている優秀なファンドを資産運用のお供にしてみてはいかがでしょうか?

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す