【書評】八方美人が『嫌われる勇気』を読んでみた。

Pocket
LINEで送る

私は誰かに嫌われるのが嫌です。
つまり、八方美人です。

そんな八方美人の自分を変えたくてこの本を読みました。
『嫌われる勇気』

 

自己啓発の原点アドラーによる好書『嫌われる勇気』

今回紹介する本はこちら。

著者は、岸見一郎さんと古賀史健さん
第1刷出版日は2013年12月12日。
 
この本を知らない人は少ないのではないでしょうか?
多くの人がこの『嫌われる勇気』を読み、影響を受けたことでしょう。

本書は、哲人と言われる哲学書と、それに対抗する青年の会話によってアドラー心理学を紐解いていきます。

 

アドラー曰く、全ては考え方次第

この本では、すべてのことの原因は自分の考え方にあると言っています。
まさしくその通りでしょう。

例えば、ある人に嫌われていると考えますよね。
しかし、これは「あなたがある人このことが嫌いであるがために、ある人を避けようとして考えた防衛本能」とも捉えることができます。

つまり、ある人が自分のことを嫌いであるということは、あなたが作り出した防衛本能なのです。

 

『嫌われる勇気』は意外性の宝庫

この本では、一般論を青年に言われ、それを哲人がアドラー心理学を用いて木っ端微塵に反論します。
アドラーの考え方はいわば意外性の塊です。

自分が考えもしなかった視点から、反論させられるので、読者は拍子抜けします。
私自身も読んでいて、「この考え方は無かったなぁ」という主張にたくさん出会いました。
アドラー心理学は、意外性の宝庫ですね。

 

物事に対する考え方が少し変わるので、気持ちも楽に

私は、どうしても他人に気を使ってしますタイプの人なので、この本を読んだ後、私の気持ちは少しばかり楽になりました
すべての考え方が変わるわけではありませんが、頭でっかちで色々悩み考えてしまう人は読んでみてもいいかもしれませんね。

 

結局は『嫌われる勇気』を実行するかどうか。

まぁ、これはほぼすべての自己啓発本にも言えますが、それを実行するのはあなた自身です。
『嫌われる勇気』を読んだところで、実行しなければただの紙切れです。

すべてを実行する必要はないとは思います。
『嫌われる勇気』を読んで、実行してみようと思ったことから、やってみてはいかがでしょうか。

 

『嫌われる勇気』はこんな人にオススメ!

この本はこんな人におすすめです。

  • 誰に対しても八方美人な人
  • 嫌われるのが怖い人
  • 意識が低い人

以上です。
アドラー心理学を使いこなせるかどうかは、結局自分次第でしょう。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す